スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエ7 プレイ感想その1

12年ぶりのリメイクっ!ということで
買ってきました、これのPS版が初ドラクエだったので
感慨深い限りです、懐かしいなぁ。ヽ(´▽`)/
ということで発売したばっかなので
追記で感想をば書いてます、携帯機って便利だよね~
移動中も快適さ(●´ω`●)ゞ
スタート~謎の神殿(1つ目石版完成)までです。

日付を間違いまして発売前前日に電気屋さんに飛び込んだものの
予約しておくとお安くなるそうでその日に予約するという
すっちゃかめっちゃかな感じでしたが次の日無事に購入できました。
うんよかった本当によかった(´Д`;)
どうぶつの森だったら瞬殺されてたな、もう予約以前の話だし。
ここは入れ替えなしのダウンロード版がよかったのですが
安いし…ということでソフトケース入れを購入して
攻略本を購入、戦士の証が貰えるそうですよ。
かくしてどうぶつな村を開拓しながら石版探しの旅が始まったのである。

すげぇ、3Dだぁ…!スライムの青の色が超キレーと
微妙なことに感動しつつ、冒険の書を作成。

とりあえず7主人公はアルスと名付けました。
確か藤原カムイさんの漫画版だとアルスとつけられていたのもあり
ということでここはアルスだろと。ヽ(・∀・)ノ
本気で名前をつけさせるとろくな名前が浮上しないしね。
幻水シリーズとかは主人公は基本小説版とかの名前で遊んでます。
冒険の書を作成してopへ。

流れ的には変わらないのですが時代の流れを感じますな~
チビチビしたキャラクターがポリポリポリゴンしているという。
相変わらず視界をくるくる回せるというとこはいいと思います。
視界的に見えない部分がよくあるのでこのシステム結構好きです。
まぁ、ドラクエの鉄板といえばあれです。
人様の家のタンスを開ける・引き出しを開ける・壺を割りまくる
これに尽きると思います、主人公の特権ですよ。
やっぱり割ったり開けたりできるんですが布袋は今回ないのねー残念。(´ε`;)
しいて文句を言うならば、割るときのアクションが残念なことでしょうか。
殴ってるんだよ、違うんだよ!両手で持ち上げて壊すんだよ!(´(ェ)`)

とここは持ち上げていただきたかったです、ちと残念じゃあ…
相変わらずキーファ王子が主人公しているなぁとPS版を経験した方なら
確実に叫んだかの悲劇までのカウントを心の中でしながら
頼まれたおつかいイベントをこなすアルス、RPGは常におつかいゲー。
マリベルの時代の早すぎたツンデレなセリフを聞いたり
情熱を石像に伝えたら謎の神殿の扉が開きました。

やれめんどくさい試練が始まるぞーと神殿に入ったものの
劇的ビフォーアフターされてて超フイタ…これあの石版の神殿ですよね。
ど真ん中に虫っぽい変なのが浮いていたわけですが
3DS版の新キャラの石版の番人だそうです、スゲェ簡略化されている。
きっと匠はあのめんどくさい試練をやらせるまいと頑張ったのだろう…
と涙ぐましい匠のリフォームに感動しつつ

虫に石像に捧げる装備品を持って来いとぱしられました。
城下町の近くに新たな遺跡が作られていたようで、遺跡には4つの装備品が
収められていました、回収して石像に捧げると奥の扉が開いて
奥へ飛んでいく虫…いや石版の番人様。
中には石版の台座が置かれていてこやつ経由ではめられていくらしいです。
自分ではめたかったなぁ…と思いつつはめていたのですが
1枚足らないので探すことに…そんな簡単に見つかるわけが…と家に帰ったら
父ちゃんの漁の網の中にかかっていた石版、すばらしい偶然。
キーファに報告したあと、謎の神殿へやってきましたが
跡をつけていたツンデレお嬢様マリベルに見つかり3人で行くことに。
最初の黄色の石版は完成して3人は光に包まれてどこかへ飛ばされてしまったのです。
ということで次回へ続くよ~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白子黒太郎

Author:白子黒太郎
大好物/リサとガスパール
ゲーム大好き人間。
興味があればいい感じに食いつきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。