スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャギントン フロスティーニの傑作アイスクリームの巻感想

チャギントン祝10巻達成☆

ということで追記で感想です。


10巻の感想は…

・アナゴさん究極のアイスを作る
・ゼフィー空を飛ぶ
・エメリー辛口ナレーション

でお送りします。


歯磨き粉はアイスのフレーバーにならんと。

ウィルソンがやたら歯磨き粉を混ぜたがる件、わろた。
歯磨き粉の他にカオスな素材調合してましたが普通に壊れるわそれ。
でもサルにぶん投げられて作ったアイスよかチーズのアイスの方が
なんとなく美味しそうに見えましたが…見た目大事だね。
身体検査をしてもらうアナゴさんは繊細でした。
アクションチャガーは列車の形をした何か、な件。
ジェット機搭載して更に岩を割るアクションチャガーマジ超車。
発明したなんちゃって三輪車が木っ端微塵で可哀想でしたが
遊園地のサイクルモノレールみたいなものでしょうかね楽しそう。(´∀`*)
相変わらずアクションチャガーが登場すると必ずブレずに登場してくる
ブルースターはアクションチャガー好きすぎて可愛い。
エメリーは有吉みたいなポジションだと思うんです、笑いと毒舌。
普通に毒が混じったニックネームとか普通につけてそうだなと思います。
ピートじいさんの長話で爆睡してる監督が面白かったですが。
あとエメリーの前の部品が手みたいと思いました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白子黒太郎

Author:白子黒太郎
大好物/リサとガスパール
ゲーム大好き人間。
興味があればいい感じに食いつきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。